現役船員の声

岡田菜々子(新卒入社1年目)
中学生の頃から船に対し強い興味を持ち、将来は船員になるという夢ができました。その夢をかなえるため海洋系の高校へ入学しました。卒業してすぐに船に乗りたいと考えていたのですが、やはり船の世界はまだまだ男社会で求人もなく就職にとても困っていました。そんな時、進路の先生から女性船員の雇用を考えている会社があると聞きすぐに応募しました。その会社が、現在私が勤めている七洋船舶管理でした。
私の目標は一人前の船員になることと、女性船員を増やすことです。私が一人前の船員になることで、のちに入ってくる女性に教えることができ、そうすることによって女性船員が増えていき、今よりももっと女性が働きやすい環境になっていくのではないかと思っています。
今は好きなことが自分の職にできる時代になりました。きっと船に乗りたいけど乗れる環境や採用してくれる会社がない…と考えている女性がいると思います(高校時代の私がそうでした)
そうならないよう私が先駆けとなり、いつかは女性でも珍しくない職業に変えていきたいです。あと私を採用してくださった会社に少しでも恩返ししていけたらいいなと思っています。

勝瀬航輔(入社1年目)
実家が祖父の代から船舶会社を経営している関係で、いずれは家業を継ぐことになるのかなと、幼い頃からなんとなく思っていました。
多感な時期を迎え色々とやりたいことが出てきて、一時は全く船に興味を持てなくなってしまいましたが、数年前、父の会社が新しい船を作って、その船の進水式を見た時に『やはり、この仕事を継ごう』という気持ちになりました。
決心したならそのまま父の会社に就職すればよさそうなものですが、「甘えが出る」「外で修行してこい」ということで七洋船舶管理にお世話になることになりました。
現在は1700t積みの貨物船に機関部員として乗船しています。将来は機関士として、さらに欲を出せば航海士としても活躍したいです。
私の名前は「航輔」、字面を見れば航海士向きな名前だと思います。しかし「航」は航空関係も連想されます。だからといって今さら航空関連の会社に鞍替えは考えていません!

音田幸春(ベテラン船長)
戦後、兵庫県下の機帆船を集めて会社組織としたのが当時の兵庫機帆船運送(株)、のちの兵機海運(当社関連会社)で、淡路で機帆船の船主だった父は出資者の一人でした。
私は昭和30年3月に中学卒業してすぐ船員として乗船。船乗りになって62年間ずっと兵機海運の所属船に乗船していて、いまの船で8隻目ですね。
私は家業を継いだ形でしたが、当時は日活でマドロス(船員)を取りあげた映画が盛んで、船乗りにあこがれる若者は多かった。やっぱり映画の影響でヤクザにあこがれるのも多かったけど(笑)。
いまはなり手が少なくなって寂しいね。船員=柄の悪い職業、仕事内容がキツイ、といったイメージがあるがそれは昔のこと。以前は相当時化ていても無理して航海していたけど、このごろはそんなことは絶対にしない。休日も、私が船員になった当初は1年のうち数日しかなかったがいまは違う。昔を知っていると、いまは本当に環境が良いと感じるね。
映画が宣伝がわりだった時代から、それがなくなったいまは、もっともっと船員の仕事や現状を宣伝していかないとね。いい仕事なんだから。ちゃんと伝われば、若い子にももっと興味をもってもらえると思います。

小林峡翔(かいと)(新卒入社3年目 ※当時のコメントです)
私は姫路からフェリーで30 分ほどの「坊勢」という島で育ちました。坊勢は漁業、採石業等が盛んなところで、実家は漁師で、巻き網漁をしています。
当初は私も漁師をしようと思っていましたが、高校の就職活動で当社の求人が気になり、軽い気持ちで職場見学をさせてもらうことにしました。そこで見たのが全長70 メートルもある貨物船。その迫力に圧倒され「こんな大きい船で仕事ができるのか」と感動したのが、私が船員になったきっかけです。
実際に乗ってみて最初の頃は何をしたらよいか分からず、船酔いもひどく辛いことが多くて、いつも辞めたい辞めたいとばかり思っていました。でも、いまは知識豊富な先輩からいろんなことを教えていただき、余裕がでるとたのしいことも増えてきました。
船で日本全国に行けて、港に入って一日休みがあれば陸に上がって観光に行くこともできます。先輩からは船の知識はもちろん、社会人としてのマナーなど知らないことを日々勉強させていただいています。
今は見習いですが、将来は船長になるのが夢です。若い船員が少なくなってきているので、一人でも多くの新卒の方に、この魅力ある「船員」という仕事を志してほしいなと思います。

石田智也(経験者採用3年目 ※当時のコメントです)
高校卒業後、3年間、海運ではありませんが船に乗っていました。ずっと昔から海で働くのが夢で、その仕事に就いたのもそういった思いがあったからです。当時は海外に出かける経験までさせてもらいました。
その後、いったんそれまでと全く関係のない陸の企業に入社。しかし、やはり船に乗りたいという気持ちが抑えられず将来のことを考えていたところ、兵機海運が艀(はしけ)乗組員を募集しているのを知り、さっそく応募しました。ところが面接で私の経歴を見た面接官から、「君の経歴だったらこちら(七洋船舶管理)のほうがいい」と勧められたのです。そのときは知りませんでしたが、関連会社だったんですね。後日、七洋に面接に行ったら、私をこの会社に向かわせた面接官が出てきておどろきました(笑)。
いまは、1600t積の貨物船で、機関(エンジン部分)の仕事を担当しています。やはり船が好きですから毎日が楽しく、休暇になっても早く乗船したいと思うほど。先輩船員から親身になって指導していただき、仕事に興味を持って取り組むことができ、やりがいのある仕事です。船内居住も想像以上に快適。日本全国に行けることが楽しみです。